Top >  熟年離婚 >  熟年離婚その他

スポンサードリンク

熟年離婚その他

熟年離婚においては、若い夫婦の離婚以上に話し合いでのウエイトが大きくなると思います。子供も大きくなって独立したので離婚して第2の人生を過ごしたいとか、夫が退職していつも家に居られて、それがストレスになって離婚を考え始めた場合などは、法定離婚事由がないので、協議又は調停で夫が同意してくれない限りは離婚を成立させるのは難しいです。熟年離婚をそうなったのか、法律的には不利なのか、なんとか熟年離婚を回避できないのかなど、考えることは山のようになると思います。カウンセリングを受ける等して自分が変わる必要があるかもしれません。熟年離婚とは婚姻費用(生活費)を熟年別居というあるかもしれません。ませんので、配偶者の財産の相続権はなくなりますが、別居であれば相続権はあります。相続権を確保するというのもありますし、逆の立場から言いますと、離婚はたのむから勘弁してくれという場合に、熟年別居を提案できるかもしれません。子供たちの意見だって聞く必要はあります。ほんと、熟年離婚においては、課題が山積みです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 定年離婚  |  トップページ  |  次の記事 熟年離婚が増える  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/18606

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • 熟年離婚が増える
  • 熟年離婚が話題になるには、それなりの理由もあります。4...

  • 熟年離婚その他
  • 熟年離婚においては、若い夫婦の離婚以上に話し合いでのウ...

  • 定年離婚
  • 最近、この離婚も多くなっています。いままで家に居なかっ...

  • 離婚を考えるとき
  • 結婚している方の半分以上は離婚を考えた事があるそうです...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「離婚ってたいへん(ーー;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。