Top >  離婚慰謝料 >  財産分与

スポンサードリンク

財産分与

離婚した当時に夫婦間に財産や資産がある場合や、取扱いも離婚の話し合いにおいて大きな問題になることがしばしばあります。離婚した瞬間にその人たちは離婚をスムーズに完了するためのドライな手続きが進行することになります。離婚時の財産分与とは早い話がお金の取り合いなのです。離婚時に夫婦が築いた財産を分配することを財産分与と言います。財産分与と言っても目的や事情によって色々な種類があります。財産があるとします。その財産を築くのに双方が貢献したか、などを考慮して分配されます。これを清算的財産分与と言います。離婚によってどちらかが経済的に不利にケースもしばしば見られます。人が離婚によって突然自分で働かなければならなくなった場合など、すぐに思うようにはなりませんから経済的に不利になる可能性があります。不利になる側の事情を考えて、そうならないために財産分与を行うことを扶養的財産分与と言います。離婚の場合において、慰謝料の意味合いを込めた財産分与を行うことがあります。これを慰謝料的財産分与と言います。離婚の財産分与、と一口に言ってもこれだけ色々な種類や性質のものがあるということを認識しておきましょう。
それだけ離婚には実に色々なケースがある、と言い換えることも出来ます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 慰謝料2  |  トップページ  |  次の記事 慰謝料が払われない  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/18598

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • 熟年離婚が増える
  • 熟年離婚が話題になるには、それなりの理由もあります。4...

  • 熟年離婚その他
  • 熟年離婚においては、若い夫婦の離婚以上に話し合いでのウ...

  • 定年離婚
  • 最近、この離婚も多くなっています。いままで家に居なかっ...

  • 離婚を考えるとき
  • 結婚している方の半分以上は離婚を考えた事があるそうです...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「離婚ってたいへん(ーー;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。