Top >  離婚慰謝料 >  養育費

スポンサードリンク

養育費

離婚することにより、関係は解消されます。その夫婦間に子供がいる場合、子供と関係は離婚しても生涯継続します。もとで親と一緒に生活するわけですが、子供が成長して大人になるには様々なお金が必要になります。
夫婦が離婚していなくても同じことですが、離婚することによって子供と一緒に生活しているほうの親がそれを経済的に負担することになります。離婚には養育費という考え方があります。子供がいる場合(熟年離婚以外はたいてい未成年の子供がいると思います)、その子供が高校を卒業するまで、成人するまで、大学を卒業するまで、など期限を決めておいて、子供がその時期に達するまで、子供を育てるために必要な一部を子供と生活していない側の親が定期的に支払います。お金のことを養育費と呼びます。養育費はたとえ離婚してしまって愛情は冷めてしまっても、子供に対する愛情は変わらないものとして、その成長をお金と言う形で支援するという性格のものです。誤解されているのですが、養育費は離婚した相手に支払うものではないということです。子供に対して支払うものだということですね。これにより、養育費の支払いが滞ったとしても、書面に法的な効力があるため強制執行などの方法で養育費を回収することが出来ます。男女ですが、離婚して他人になった瞬間からドライなお金の話が最も重要になってきます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 弁護士  |  トップページ  |  次の記事 慰謝料1  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/18595

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • 熟年離婚が増える
  • 熟年離婚が話題になるには、それなりの理由もあります。4...

  • 熟年離婚その他
  • 熟年離婚においては、若い夫婦の離婚以上に話し合いでのウ...

  • 定年離婚
  • 最近、この離婚も多くなっています。いままで家に居なかっ...

  • 離婚を考えるとき
  • 結婚している方の半分以上は離婚を考えた事があるそうです...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「離婚ってたいへん(ーー;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。