Top >  離婚について >  ペーパー離婚

スポンサードリンク

ペーパー離婚

時に、一時的に離婚して旧姓に手続きを完了した後に再婚するというように、何らかの目的を持って同じ相手と離婚再婚を繰り返すことをペーパー離再婚と呼ぶ。実質的意思(夫婦としての共同生活を営む意思)が要求されているのに対し、離婚の場合には形式的意思(法律上の婚姻関係を解消する意思)のみで足りるとされていることから、離婚届を提出した以上法的にも離婚したことになるので、仮にペーパー離婚中に配偶者が死亡して相続が発生した場合、「配偶者」に対する法定相続分や遺留分は無いことになる(遺贈や特別縁故者としての財産の取得は可能)。ちなみに夫婦別姓がいいからと言ってペーパー離婚した夫婦を知っています。しかし、その後本当に離婚(?)してしまいました。奥様に引き取られた子供達はどちらの姓を名乗ってるのか気になります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 離婚届  |  トップページ  |  次の記事 熟年離婚とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/18601

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • 熟年離婚が増える
  • 熟年離婚が話題になるには、それなりの理由もあります。4...

  • 熟年離婚その他
  • 熟年離婚においては、若い夫婦の離婚以上に話し合いでのウ...

  • 定年離婚
  • 最近、この離婚も多くなっています。いままで家に居なかっ...

  • 離婚を考えるとき
  • 結婚している方の半分以上は離婚を考えた事があるそうです...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「離婚ってたいへん(ーー;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。