Top >  離婚について >  離婚色々3

スポンサードリンク

離婚色々3

離婚件数が増加する中で、その中に興味深いデータもがあります。離婚率の数値で見てみると、離婚率とそれほど大差はなく、国際結婚だからと言って離婚しやすいとか、そういうことはないようです。
離婚にはない様々な問題があります。出身国が違うわけですから2つの国の法律を意識する必要があります。国でも離婚が成立する必要があります。この二人はために、離婚が成立しないことには彼女はチリで新しい恋人と結婚することが出来ないのです。先日の来日は離婚を成立させるためのものだったと言われています。国で結婚を成立させる必要があったわけですから、国際離婚の際にはその逆が全て必要になるというわけです。
法律では協議離婚が認められています。少数派で、国は離婚は成立しません。受理でそのまま離婚が成立するのは、相手国が法律で協議離婚を認めている場合と、「住居地の法律を適用する」としている場合のみで、国の場合は裁判を経た後に離婚を認める判決が出て、それを相手国の公館に提出して初めて国際離婚成立となります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 離婚色々2  |  トップページ  |  次の記事 弁護士  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/18593

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • 熟年離婚が増える
  • 熟年離婚が話題になるには、それなりの理由もあります。4...

  • 熟年離婚その他
  • 熟年離婚においては、若い夫婦の離婚以上に話し合いでのウ...

  • 定年離婚
  • 最近、この離婚も多くなっています。いままで家に居なかっ...

  • 離婚を考えるとき
  • 結婚している方の半分以上は離婚を考えた事があるそうです...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「離婚ってたいへん(ーー;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。